パートナーシップ

日本・ヨーロッパ・プログラムは,同時に,在日フランス商工会議所,日本における活動を展開するサントル地域圏の企業(リストは後日掲載します),各地の弁護士事務所(東京を中心として,パリ,ブリュッセルなどを含む)をはじめとした,その他の学術以外のパートナーと連携することを目指しています。

これらのパートナーは,私たちの学術的行事を支援するほか,トゥール大学(UFR)の法学生向けの教育活動,すなわち,同大学のパートナーとなる日本の大学と協働して,ヨーロッパ連合法の高度な専門教育を行う,ヨーロッパ法専門家養成の修士課程(2018年からはヨーロッパ法専攻の修士課程)に登録された学生向けの教育活動の一翼を担うこともできます。